【女性版】ぺたんこ髪をボリュームアップさせる方法!

最近トップがだんだん寂しくなって分け目も目立つようになってきました。髪にボリュームがないと貧相に見えたり、年齢より老けて見られるようになって嫌な思いをしたことも。

それより何よりおしゃれをすることをあきらめたり、人に会うことがだんだんおっくうになってしまったんです。

そこで!薄毛の悩みを解消するために、髪をなんとかボリュームアップ出来ないか、世間にたくさんある方法を調べて自分で実際に試してみました。

  • 髪をどうやってボリュームアップさせるのか?
  • その効果期待度はどれくらいなのか?
  • 価格はお手ごろなのか?

徹底的に比較してお伝えしていきます。

すぐに実践できる方法がありますので、あなたが出来そうな方法が何なのかを見つけてみてください!

髪をボリュームアップさせる7つの方法を比較してみました!

方法 難易度 コスト 効果期待度
シャンプー 2,000円~
ドライヤー  2,500円~
スタイリング剤 700円~
ヘアスタイル 3,000円~
紫外線・摩擦から髪を守る 540円~
食事を見直す   300円~
睡眠 0円~

【おすすめ度順】髪をボリュームアップさせる方法7選!

ここからは髪をボリュームアップする方法をおすすめの順番で紹介していきますね。

シャンプーを変える


もっとも簡単にボリュームアップ出来るのがシャンプーを変えることです。現在ドラッグストアなので販売されているシャンプーはシリコンシャンプーが多く、髪のボリュームをダウンさせてしまっている場合があります。

シリコンは髪の毛をサラサラにするためにコーティングされているので、その分髪自体が重くなってしまいペタッとしている場合があります。

シリコンをやめてノンシリコンシャンプーに替えることで、頑張らなくても簡単にボリュームアップさせてくれます。

また、髪のボリュームがない原因が抜け毛や薄毛の場合は、育毛シャンプーを使うのもボリュームアップの効果が期待できます。

【女性版】育毛シャンプーランキング!薄毛や抜け毛の悩みを解消

ヘアスタイルを変える

ヘアスタイルをかえる2つの方法

  1. 美容室でヘアスタイルを変える
  2. 自分でヘアアレンジする

美容室でヘアスタイルを変えるなら断然ショートカット!


トップにボリュームがなく、長い髪の方はショットカットにするだけでトップにボリュームが出てきます。というのも、髪が長いとどうしても重力で髪が重くなり、トップの髪のボリュームがぺちゃんこに!ってことも。

ボリュームアップしたかったら思い切ってショートカットにするのも一つの手です。

自分でヘアアレンジする


トップにボリュームを出すにはやっぱりお団子ヘアがぺたんこ髪をふっくらかわいい丸っこいかわいい髪型になります。


ポニーテールもボリュームが出るヘアアレンジです。

引用:HAIR

ドライヤーで根元からボリュームアップ


ドライヤーを使って髪を乾かすと簡単にボリュームアップさせることができます。ですが、間違った使い方をしてしまうと髪のボリュームが出ないばかりか、逆にダメージを与えてしまいます。

ドライヤーでボリュームアップさせるポイント

  1. ドライヤー前にスタイリング剤を使う
  2. ドライヤーは上から下ではなく、下から上に向かってかける
  3. 髪のトップから後頭部にかけては、真ん中あたりの髪を持ち上げドライヤーを下から上は当てます。
  4. 温風と冷風を使い分ける
  5. ドライヤーと一緒にヘアブラシを使うとより効果的

ドライヤーを使うときに気を付けたいのは、「下から上に向かって風を送る」です。ぺちゃんこにならずに、ダメージを与えないためにもポイントを参考にドライヤーを使ってみてください。

スタイリング剤を使う

髪をドライヤーで乾かしたり、セットしただけではボリュームアップが長続きしません。そこでお勧めしたいのがスタイリング剤です。

各メーカーがいろんなボリュームアップスタイリング剤やミストを販売しているので、ドライヤーで髪を乾かすときには必ず使いたいアイテムですね。

スカルプDボーテ ボリュームアップミスト

乾いた髪にひと吹きで1日続くふんわりボリュームアップできるミストです。頭皮の乾燥もケアしながら潤いのある髪へと導きます。

 

髪を紫外線や摩擦から守る

紫外線から守るには

紫外線といえば、肌だけというイメージがあります。しかし、髪もお肌同様に日焼けをするので髪が痛んだり、乾燥したりしてダメージが大きいんです。日焼けによる髪の褐色化も防げません。

紫外線から髪を守るためには、帽子や日傘をかぶったり、髪にも使える全身用日焼け止めスプレーも効果的です。

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー ミンティーオレンジ

1,5000円(税込)

6種のオーガニックハーブエキスやオレンジ油、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、ヨーロッパキイチゴ種子油などの保湿効果でしっかりとケアをしながらキレイをサポート

 

摩擦から髪を守る

髪に使うアイロンやコテは髪にダメージを与えてしまいます。またパーマやヘアカラーも同様です。シャンプーの時の摩擦も気をつけましょう。シャンプー後の濡れた髪に乾いたタオルでゴシゴシ乾かすのも摩擦がかかります。
乾いた髪にくしを思いっきりやるのもNGです。

髪を摩擦から守るためには、ヘアオイルをドライヤーや乾いたタオルを使う前に塗ると摩擦から髪を守ります。

髪に良い食事に変える


髪の悩みで検索すると、髪に良い成分の食事を摂りましょう!とよく書かれているんですが、実際にはどんな食事が髪に効果があるのでしょうか?

髪のボリュームアップに必要な成分を紹介して、それがどんな食事なのかも紹介していきます。

髪に特に必要な栄養素はたんぱく質、亜鉛、ビタミン類です。

たんぱく質

 髪の主成分がたんぱく質ということから、良質のたんぱく質を摂りましょう。たんぱく質を多く含む食材は、肉、魚、卵、大豆、牛乳などです。

ビタミン

 たんぱく質を体内に効率よく取り込むのに必要なのがビタミンになります。また頭皮の新陳代謝を促します。よって、こしが出たりボリュームアップにつながります。
ビタミンAはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ビタミンBは青魚、ビタミンEはオリーブオイルや、ごま油などの植物オイル

ミネラル

 ミネラルには亜鉛や鉄分、カルシウム、セレニウムなどが含まれ、髪を元気にしてボリュームアップにつながる大切な栄養素でもあります。
 中でも亜鉛は抜け毛の原因を抑制する働きがあります。
亜鉛は貝類や緑茶、抹茶

これらの髪に良いとされる食事を摂ることを普段から心がけるといいでしょう。

質の良い睡眠をとる


睡眠と髪のボリュームアップはいっけん無関係に思いがちです。ですが、質の良い睡眠を摂ると成長ホルモンが多く分泌されるので髪のボリュームアップにもつながるんです!

では、質のいい睡眠とはどうすればいいかというと、ゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から2時の間の4時間に睡眠をとれば成長ホルモンが1番分泌されるんです。

睡眠時間が短い人は、この時間に合わせて睡眠をとるようにするといいでしょう。

なかなか寝付けない方は、寝る前にぬるめのお風呂に入ったり、リラックスできる音楽を聴いたりアロマをたいたりするのもおすすめです。

逆にスマホばかりいじったり、音のうるさい音楽を聴いているとなかなか寝付けなく、ゴールデンタイムを逃していしまいますよ!

髪のボリュームダウンさせる3つの原因


髪のボリュームがなくなるのはどうしてなんでしょうか?ボリュームダウンの原因を見極めて、自分にあったボリュームアップの方法を見つけましょう。

加齢が原因

年齢とともに新陳代謝も衰え、髪の毛の成長も低下して、髪の毛1本1本がどんどん細くなり、ボリュームダウンの原因になってきます。

エストロゲンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンは髪の健康にも大切なホルモンです。エストロゲンが減ると髪の毛の成長が遅くなったり、抜け毛が増えたりします。

そのためボリュームダウンしてしまう原因となってしまいます。

シャンプー選び

シリコンや石油系のシャンプーを使い続けていると、髪がボリュームダウンしてしまうこともあります。

ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーは女性のために作られた優しい低刺激のシャンプーだったり、髪のトラブルを防いでくれる成分を含むシャンプーも今は販売されています。

ボリュームアップを考えているなら、シャンプーを見直すことをお勧めします。

髪のボリュームアップ まとめ


ここまで髪をボリュームアップする方法や、逆にボリュームダウンさせてしまう原因を紹介してきました。

ボリュームアップする方法はすぐに始めることができるものもありますので、読まれた時からすぐに始めることいいですね。

ただ、食事や質の良い睡眠だけではなかなか即効性がなく、またヘアスタイルを変えたりドライヤーでボリュームアップする方法は一時的なもので、根本的な解消方法ではありません。

これから髪のことを真剣にボリュームアップさせたいと考えるなら、まずはシャンプーを変えてみませんか?

今、使っていたシャンプーは髪をボリュームダウンさせているかもしれません!

こちらにはシャンプーを変えると、どんなメリットがあるのかを詳しく説明していますので気になる方はチェックしてみてください。

【女性版】育毛シャンプーランキング!薄毛や抜け毛の悩みを解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA