【びまん性脱毛症って治る?】全体的に髪が薄くなって不安なあなた必見の解決方法とは

「なんか最近、髪の毛が全体的にぺたんとしてきたなぁ」「髪の毛、少なくなったような気がする」「あれ?こんなに毛って抜けるもんだったっけ?」

ふとしたときに気づく髪の毛の違和感…それはもしかすると「びまん性脱毛症」かもしれません。

男性もそうですが、女性だってもちろん髪の毛の悩みは深刻です。

ですが、「このままハゲたらどうしよう」と不安に思ってうつうつと毎日を過ごすぐらいなら、少しでも改善するための一歩を踏み出す方がいいと思いませんか?

こちらの記事では、びまん性脱毛症とは何ぞや?というところから、原因や解決する方法までお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね!

まずは気になる!びまん性脱毛症は治るのかどうかという点

びまん性脱毛症 治る
結論からお伝えすると、びまん性脱毛症は治る場合と、治りにくい場合があります。

ちなみに、「治る」というのは、薬や治療をやめてもふさふさの元の状態に戻ってそのまま維持できる、という意味で使わせていただきました。

遺伝や加齢が原因だと完治が難しいとされていますが、それでも何もしないよりはこれからお伝えする方法で改善への一歩を歩むことが可能です。

そもそもびまん性脱毛症って何?症状の特徴

「びまん性」というのは、「全体的に広がる」という意味の医療用語です。部分的ではなく、全体的かつ広範囲の地肌が目立って薄くなるのがびまん性脱毛症の特徴です。

AGA(男性型脱毛症)と同様に進行型の脱毛症で、徐々に進行していく傾向があります。

たくさんの女性が悩んでいる薄毛症状の一つで、40代以上に多いといわれていますが、最近は20代、30代と若い世代も悩む人が多くなってきました。

びまん性脱毛症の初期症状としては…

  • 髪の毛の抜ける量が増える
  • 髪のボリュームが減った
  • 髪がペタンとしてスタイルが決まらない
  • 髪の毛が細くなったように思う
  • 地肌が透けて目立つ
  • 分け目、つむじが目立ってきた
  • 髪にコシが無くなった

というものがあります。

少しずつ進行していくので自分でその初期症状に気づかないことも多いのですが、できるだけ早目に気づいて適切な治療を行うことが重要です。

要チェック!びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症 原因
びまん性脱毛症の原因はさまざまで、加齢や遺伝に伴うものもあれば、日常生活に起因するケースもあるので要チェックです。

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性の薄毛の種類にAGA(男性型脱毛症)というものがありますが、あなたもどこかで耳にしたことがあるかもしれませんね。

このAGAは、男性ホルモンの影響による薄毛で女性にも起こりうる脱毛症で、男性のAGAと区別するためにFemaleAGAでFAGAと呼ばれています。

20代で発症するのはまれで、多くの場合40歳前後で発症。女性の50代以降では半数以上がFAGAともいわれています。

ただ、AGAとは少し特徴が違って、前頭部の生え際に影響がなく、男性のようなM字ハゲにはなりません。

FAGAの原因は、加齢によるホルモンの減少です。

女性ホルモンである「エストロゲン」は髪を健やかに保つ働きがあるのですが、20代後半ごろから徐々に減少していきます。

エストロゲンの分泌が減った分男性ホルモンの影響が大きくなり、ヘアサイクルが乱れ、脱毛しやすい頭皮環境になるんです。

ちなみに、健康的なヘアサイクルだと、長くてかたい髪の毛が1日平均100本ほど抜けますが、ヘアサイクルが乱れていると短く、柔らかい髪の毛が100以上抜け、その多さが目立つようになります。

本来成長しきってから抜けるはずだった毛が、その前に抜けてしまう。育ちきっていないので、毛が細くて柔らかい状態というわけですね。

休止期脱毛症


髪の毛には3つのヘアサイクルがあります。

髪の毛のサイクル

  1. 成長期:髪を太く長く育てる期間(女性で4~6年)
  2. 退行期:髪の成長が止まる期間(2~3週間)
  3. 休止期:髪が抜ける期間(2~3カ月)

休止期脱毛症というのは、成長期にある毛髪が急激に休止期に移行してしまうという症状。

休止期脱毛症には6カ月以上かけて徐々に進行する「慢性休止期脱毛症」と、短期間で一気に脱毛する「急性休止期脱毛症」があります。

慢性休止期脱毛症の場合、複数の要因が絡んで発症しているケースが多いので、治療の判断が難しく、回復するまでに時間がかかります。

急性脱毛症の場合は、脱毛した原因がはっきりしているものが多いので、その原因を取り除けばヘアサイクルが正常に戻りやすいと言われており、強いストレスを受けた2~3カ月後に一部分だけ一気に抜ける「円形脱毛症」や、産後の抜け毛などが急性脱毛症に含まれます。

ちなみに、FAGAは「細く短く柔らかい毛」が抜けやすい傾向がありますが、休止期脱毛症の場合は「太く長い毛」が抜けやすいので、そこが見分けるポイントです。

急性休止期脱毛症の原因

分娩後脱毛症

妊娠中は一時的に女性ホルモン(エストロゲン)の働きが活発になるため、自然と抜けるはずだった毛が抜けません。

ですがその分、出産してから2~3カ月後に一気に脱毛します。

6カ月から1年でヘアサイクルが正常に戻るため、これは放置していても自然回復すると言われています。

私も経験しましたが、もともと毛深いから大丈夫と高をくくっていた自分を恥じるぐらい毛が抜けて生え際や分け目が目立つようになり、このままハゲるんじゃないかと正直焦りました。。。

ピルの服用

分娩後脱毛症と似たメカニズムで脱毛します。

ピル服用中は女性ホルモンが増加して抜け毛が減るため、服用を中止すると毛髪は一気に休止期に移行して一時的に脱毛が増えます。ただ、こちらも服用をしばらくやめていれば次第にヘアサイクルが正常に戻ります。

ストレス

強いストレスは自律神経が乱れ、さらに血行不良にもつながります。

自律神経の乱れや血行不良は体のあらゆる部分に不調をきたしますが、頭髪はいわゆる「10円ハゲ」と言われるような円形脱毛症になりやすいです。

ストレスがかかると、髪の発育に関わる栄養素「亜鉛」がたくさん消費されてしまうのも一つの原因と言われています。

偏った食生活や過度な食事制限ダイエット

髪を健やかに保つには十分な栄養が必要です。

栄養はまず、命にかかわる臓器などの部分に届きますが、そこで栄養が尽きてしまうと髪の毛まで回りません。

つまり、偏った食生活や過度な食事制限ダイエットを行うと、髪まで栄養が巡らず髪質が落ちたり、抜け毛が増えてしまうということです。

短期間でダイエットを頑張って成功したけど、髪がぱさぱさになってやつれた印象になってしまった友人が身近にいました。

無理な食事制限は体にも髪にも良くないですね。

睡眠不足

髪の成長サイクルに大きく関わる女性ホルモンは、睡眠不足でもバランスを崩しやすい特性を持っています。

20代、30代の女性も薄毛に悩む人が増えているのは、慢性的な睡眠不足も原因の一つです。

誤ったヘアケア

間違ったヘアケアが原因で脱毛している可能性もあります。

  • 頭皮に爪を立ててゴシゴシ強い力で洗う
  • 洗浄力の高すぎるシャンプーを使い、頭皮の皮脂を必要以上に落としすぎる
  • シャンプーやトリートメントをすすぎ切れていない
  • メーカーの推奨を過度に超えたシャンプー、トリートメント量を使う
  • 1日に何回も髪を洗う
  • 数日に1回しか髪を洗わない
  • 頻繁にカラーリングやパーマをする
  • 髪の毛を濡らしたままで長時間過ごす
  • 日常的にヘアアイロンを使ってスタイリングする

該当する項目はありますか?

これらの行動は頭皮環境を悪くし、髪の毛を傷めるので要注意です。

喫煙

タバコを吸うことで血管が収縮し、体全体の血流が低下します。

血流が悪くなるということは、頭皮に送られる栄養も滞ってしまうことになり、抜け毛につながります。

今現在、症状がない人にとってもびまん性脱毛症の可能性が潜んでいるので、「まだ大丈夫」というあなたも気を付けてくださいね。

びまん性脱毛症の治療方法とは

びまん性脱毛症 治療
治療においてはできるだけ早く原因を特定することが重要で、その後の治療法にも大きく影響してきます。

ショックを受けるかもしれませんが、身近な人に前後左右から写真を撮ってもらうことや、カウンセリングに行くことでまずは目を背けず今の状態をしっかり確認することが大切です。

自分で思っている以上に進行している場合もありますが、「今気づけて良かった」という視点でとらえましょう。

では、次から実際に治療するためにはどうすればいいのか具体的にお伝えしていきますね。

医師に相談する

びまん性脱毛症 医師に相談
更年期の薄毛(40代を超えた薄毛)は女性ホルモンの影響が大きいと考えられているので、自宅で治すのが難しい場合が多いと言われています。

そんなときに有効なのはやはり「専門の医師に相談」です。

信頼性や安心感はありますが、残念ながらびまん性脱毛症のほとんどの場合は保険適応外となるのでお金がかかります。(保険適応になるのは、皮膚疾患や免疫異常などが原因となる脱毛症のみ)

どれぐらい費用がかかるのかについてはクリニックの治療方法によってさまざまなので、不安のないようきちんと説明を受けておきましょう。

ちなみに、びまん性脱毛症に関してまだ治療法は確立されていません。つまり、クリニックによってその治療法が違う、ということです。

カウンセリング時に症状や治療の目的を伝えて、自分に合った方法を選べるようにするのがベストです。

びまん性脱毛症が疑われる場合、どんな病院、何科に行くべきなの?

  1. 女性の薄毛専門外来
  2. 男女それぞれの治療ができる薄毛専門クリニック

男性と女性の薄毛は原因も治療方法も違うので、「女性の薄毛に対応する」と明示している病院、クリニックが安心です。

カウンセリング時にしっかり悩みに向き合ってくれ、治療法や料金などの説明がわかりやすく、安心感のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

びまん性脱毛症って皮膚科じゃ治療してくれないの?

頭皮といっても皮膚のことなので、皮膚科でもいいような気がしますよね?

頭皮の湿疹やかぶれなどの皮膚トラブルが原因の脱毛や円形脱毛症なら皮膚科でも対応可能です。

ですが、複雑な要因が絡む「びまん性脱毛症」など女性の薄毛治療には不十分な場合があるので、やはり女性の薄毛専門のクリニックがおすすめです。

病院、クリニックでは内服薬やノーニードルメソセラピー、自毛植毛が主流

内服薬 パントガール

女性の薄毛治療用として初めて開発された内服薬です。

主に発毛の促進や脱毛の抑制など、女性の薄毛症状全般に効果をもたらす作用があります。

特に細胞代謝を促進する効果があるので、毛細細胞に栄養が届きやすくなることで発毛効果を高めるという優れた効果があります。

パントガールは副作用が少ないのも特徴で、世界的にもその効果と安全性が認められているので安心して使用できます。

ノーニードルメソセラピー

メスや注射針などを使わず、育毛成分を頭皮に直接注入することにより発毛を促す治療法です。

従来は注射針を使用していたので、痛みや腫れの懸念もありましたが、現在は特殊な電圧で一時的に頭皮の細胞間を広げて発毛に効果的な有効成分を、痛みや腫れの心配なく高い浸透力で頭皮深部に注入することができるようになりました。

自毛植毛

自分自身の頭皮から移植毛の株を採取し、薄毛部分に移植する方法です。

拒否反応がないため身体的リスクが低く、植毛部分は一生涯にわたり生え変わり続けるというのが特徴です。

また、女性のストレス・ホルモンバランスにも効果的とされています。

進行している「びまん性脱毛症」の場合でも、この自毛植毛で改善している人も多くいるとか。

ただし、自毛植毛は高い技術を必要とする外科手術なので、効果を実感するためにもドクターの高い技術力と実績がある、信頼できるクリニックへの相談が大切です。

当サイトおすすめの専門クリニックは「東京ビューティークリニック」という女性の髪専門のクリニック。

料金もわかりやすく明示されていますし、初回カウンセリングや医師の問診、マイクロスコープ頭髪診断が無料だという点も嬉しいですよね。

「東京」とクリニック名に入っていますが、提携クリニックを含めて全国各地に50院以上で施術が受けられます。どのクリニックも最寄駅から徒歩3分以内と通いやすい場所にあるので、気になったあなたはぜひチェックしてみてくださいね。

生活習慣を見直す

食事

びまん性脱毛症 食事
脂質や塩分の多いジャンクフードやカップラーメンなどを避け、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

ビタミン、アミノ酸、タンパク質、亜鉛、鉄分など髪に良いとされる栄養素を摂取するとさらに効果的です。

睡眠

びまん性脱毛症 睡眠
22時~2時の成長ホルモンが最も分泌されるゴールデンタイムに寝るよう心がけましょう。

このゴールデンタイム中は女性ホルモンの分泌も多くなるので、健康的な髪の毛に育ちやすいとされています。

頭皮環境を整える

びまん性脱毛症 頭皮環境を整える
正しく髪を洗えていますか?

余洗いやすすぎを丁寧に行い、ワックスなどのスタイリング剤と皮脂をしっかり落とすことが大切です。

ただし、洗いすぎると過剰に皮脂が分泌してしまうことにもつながるので、洗髪は1日1回がベスト。要注意です。

女性用育毛剤や育毛シャンプーを使用する

びまん性脱毛症 女性用育毛剤 女性用育毛シャンプー
生活習慣と頭皮環境の改善を行ったうえで、女性用育毛剤や育毛シャンプーの使用も検討してみてもいいかもしれません。

育毛剤、育毛シャンプーの効果は商品によって様々ですが、健康な髪を育てる頭皮環境の土台になってくれます。

ただし、男性用の発毛剤、内服薬を使うのは控えておきましょう。

男性と女性では薄毛の原因も違いますし、男性用と女性用では使用している成分やその濃度、効果や目的が違います。

特に、ホルモンバランスに関係して妊娠出産に影響を及ぼす可能性のあるプロペシア(フィナステリド)などの内服薬は服用しないようにしましょう。

育毛剤、育毛シャンプーどちらも使ってももちろんOKですが、生活スタイルや気になる成分、価格面などを考慮して取り入れやすいところから始めてみることをおすすめします。

どんな育毛剤、育毛シャンプーがいいかわからないというあなたは口コミ人気の高い女性用育毛剤や育毛シャンプーをチェックしてみてくださいね^^

【女性版】育毛シャンプーランキング!薄毛や抜け毛の悩みを解消

びまん性脱毛症の解決方法まとめ

びまん性脱毛症 解決方法 まとめ
びまん性脱毛症は、こうすれば確実に治るといった明確なガイドラインのない症状です。

ポイントは「早く自分で薄毛に気づいて対策をする」ということ。

基本的な生活習慣を見直し、必要であれば早めに女性の薄毛専門のクリニックへ相談しましょう。

また、頭皮の環境を整えることも大切なので、女性用の育毛剤や育毛シャンプーを取り入れることで、健やかな髪の毛をはぐくむ土台作りもおすすめです。

ふさふさでツヤのある豊かな髪の毛は見た目年齢も若くなりますよね。

少し時間はかかるかもしれませんが毎日のヘアケア、あなたも始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA