美白に効果がある食べ物|体の内側からケアしてシミとくすみにアプローチ!

美白化粧品で「シミやくすみが改善した!」「お肌に透明感が出た!」と美白効果を実感する方がいる一方、美白コスメを使っているけど「何も実感できない」という方もいらっしゃると思います。

それなら、美白効果を期待できる食材を摂取してみるのはどうでしょうか。美白は化粧品を使うと外側からケアできますが、食材で身体の内側をケアすることができます。

ここでは、美白効果を高める食べ物や栄養素、美白対策しているときに気をつけたいことなど紹介していますので、参考になさってください。

【野菜・果物】美白に効果的な食べ物と栄養素とは?【肉・魚】

お肌を白く美しくするには、毎日の生活に取り入れたい栄養成分や食べ物があります。美白効果や抗酸化作用が期待できるものを厳選して紹介いたします。

美白効果のある栄養成分:ビタミンC

美白・美肌成分として、まず摂取したいのがビタミンCです。ビタミンCには、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

ですから、ビタミンCを摂ることで、シミやそばかすができるのを予防することができます。

さらに、ビタミンCにはメラニンを無色化する働きがあります。わかりやすく言うと、すでにあるシミやそばかすを薄くする効果です。

そして、ビタミンCには強い抗酸化作用があり活性酸素を除去する働きもあります。紫外線をたくさん浴びると活性酸素が増えるので、メラニンが多く作られてしまいます。

メラニンはシミの原因となるので、メラニンを増やさないためにも積極的にビタミンCを摂りましょう。

ビタミンCを含む食べ物

  • 赤ピーマン
  • 芽キャベツ
  • 黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • アセロラ
  • グァバ
  • ゆず
  • レモン
  • キウイフルーツ
  • いちご

美白効果のある栄養成分:L-システイン

L-システインには、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑制する働きがあります。さらに、ターンオーバーを促進する効果もあり、作られたメラニンの排出を促してくれます。

L-システインを摂ることで、シミやそばかすができるのを防ぐことができます。

ちなみに、L-システインと似た名称でL-シスチンがあります。L-シスチンはL-システインが2分子結合したアミノ酸です。L-システインとL-シスチンは、体内で簡単に相互変換されます。

L-システインを含む食べ物

  • サケ
  • 牛肉
  • 羊肉
  • 牛乳
  • 小麦粉
  • 大豆
  • オートミール

抗酸化作用のある栄養成分:リコピン

リコピンはカロテノイドの一種で、トマトやスイカに多く含まれている赤色の天然色素です。強い抗酸化作用を持ち、活性酸素を除去してくれるのでシミができるのを防ぐことができます。

紫外線などの刺激で発生する活性酸素によって肌細胞が傷つけられると、ターンオーバーが正常な状態でおこなわれるのが難しくなり、肌の構造に悪影響を及ぼすといわれています。

その結果、しわやたるみの原因となります。リコピンはシミやそばかすができるのを予防し、しわやたるみも防いでくれるので、美白対策と美肌作りのためにも毎日の食事にできるだけ取り入れましょう。

また、トマトジュースで有名なカゴメの研究結果によると、リコピンにはシミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑制する働きがあることがわかりました。さらにビタミンEと一緒に摂取することで、効果が高まることがわかっています。

リコピンを含む食べ物

  • トマト
  • スイカ
  • ピンクグァバ
  • ピンクグレープフルーツ
  • 杏子

抗酸化作用のある栄養成分:ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があり活性酸素を除去する働きがあり、シミの元になるメラニンができるのを防ぐことができます。

また、ビタミンEは血流を改善する効果もあるので、細胞の新陳代謝が活発になります。

その結果、「お肌の色ツヤがよくなる」「ハリが出る」「すべすべ肌になる」など、美肌効果や老化を防ぐ効果があり、ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれています。

ビタミンEを含む食べ物

  • うなぎの蒲焼き
  • にじます
  • あゆ
  • アーモンド
  • 落花生
  • ヘーゼルナッツ
  • かぼちゃ
  • モロヘイヤ
  • 菜の花

抗酸化作用のある栄養成分:β(ベータ)カロテン

β(ベータ)カロテンは色の濃い緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種で、強い抗酸化力を持っています。体内では必要に応じてビタミンAに変換されるので、ビタミンAとしての効果もあります。

β-カロテンは抗酸化作用でシミやそばかすができるのを防ぐだけでなく、お肌の新陳代謝を高める働きもあるので、カサカサ肌がツルツル肌になるなど美肌効果もあります。

β-カロテンを含む食べ物

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • ピーマン
  • スイカ
  • みかん(柑橘類)

美白にNGな食べ物とは?

美白したいと思って美白効果をのある食材を摂っても、タイミングによって逆効果になることもあります。ここでは、注意したい食べ物や栄養成分についてお伝えいたします。

ソラレン

ソラレンは、野菜やくだものに含まれる光毒性物質の1つです。光毒性がある成分を食べて体内にソラレンがある状態で紫外線を浴びると、日焼けしやすくなります。

そのため、活性酸素が作られてシミの原因になるメラニンも生成されてしまいます。

ソラレンは柑橘類のくだものに多く含まれ、レモンやグレープフルーツなど美白効果や抗酸化作用がある食べ物としてオススメしている食品でもあります。

つまり、ソラレンが入っている食べ物は美白効果があるものでも、「朝は食べない」「外出前には食べない」など、食べるタイミングに気をつけましょう。

ソラレンが含まれた食材を摂った後、紫外線を浴びる可能性があるときは、必ず日焼け止めクリームや帽子を使って日焼け対策を徹底しましょう。

ソラレンを含む食べ物

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • グァバ
  • キウイフルーツ
  • アセロラ

カフェイン

カフェインはコーヒーや紅茶に含まれている成分です。シミの原因になるメラニン色素を拡散させるほか、シミや色素沈着を悪化させる作用もあります。

ただし、カフェインには抗酸化作用もありますので、とても危険な成分というわけではなく過剰摂取に注意をしましょう。

カフェインを含む飲み物

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ココア
  • ウーロン茶
  • 栄養ドリンク

アルコール

アルコールを飲むと肝臓で分解されるときに活性酸素が生じます。大量のアルコールを飲むと、活性酸素も大量に発生させることになります。

活性酸素はシミの原因になるメラニンを増やすので、活性酸素が増える行動は極力避けたほうがいいでしょう。

ただし、好きなものをガマンするとストレスがたまりますよね。ストレスも活性酸素を増やす原因になりますので、アルコールは適量を飲むようにして過剰摂取に注意しましょう。

美白効果を高めるため注意したいこと

美白対策をしていても、せっかくの効果を弱めてしまう行動があります。何がなんでもNGというわけではありませんが、少し心がけるだけてシミやそばかすを防ぐことができるのですから、できる範囲で取り入れてみてください。

  • 日焼けする
  • ストレスをためる
  • アルコールの飲みすぎ
  • タバコを吸う
  • 不規則な生活

美白に効果がある食べ物まとめ

美白に効果的な野菜

赤ピーマン、黄ピーマン、ピーマン、芽キャベツ、人参、ほうれん草、ブロッコリー、大豆、トマト、かぼちゃ、モロヘイヤ、菜の花

美白に効果的な果物、ナッツ類

アセロラ、グァバ、ピンクグァバ、ゆず、ミカン、レモン、ピンクグレープフルーツ、キウイフルーツ、いちご、スイカ、杏子、アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツ

※柑橘類やアセロラなど朝食べると日焼けしやすくなるので夜に食べること

美白に効果的な肉・魚・その他

サケ、うなぎの蒲焼き、ニジマス、あゆ、牛肉、羊肉、牛乳、卵、小麦粉、オートミール

 

まとめると、上記のような食べ物が美白に効果的だということがわかりました。

ですが、美白効果がある物を食べても、すぐにシミが薄くなったり効果が現れるものではありません。続けることが大切なので、手軽に食べられるものから毎日の生活に取り入れてみましょう。

そして健康のためにはバランスよく食事をすること、適度な運動も新陳代謝を促しますので健康的な生活を送ることが美白への近道です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA